ブログ | 大津病院

ブログ

失語症の種類もいろいろあります

通所リハビリテーション

こんにちは、朝晩は寒くなり、季節は秋に移りましたね。

前回は「失語症」について、簡単にご紹介しましたが、今回はその失語症にも様々な種類があることをご紹介したいと思います。

まず、「失語症」と聞くと、「言葉が出にくい」というイメージがあると思います。
そのため、家族様や周囲の方々に気づかれやすく、医師や言語聴覚士に相談される場合が多いです。
しかし、失語症の方の中にも、「話せる」方もいらっしゃいます。
話せるといっても、「言いたい言葉を間違ってしまう」や「単語の中の音を別の音に変わってしまう」などの症状があり、スムーズに会話のやりとりができない場合があります。
ご本人様は、自分はちゃんと話していると思っていても、言い間違いをされていて気づかない場合があります。その場合は、家族様や周囲の方と行き違いになってしまうことがあり、双方にストレスを抱えられることになります。

そのため、言語聴覚士が関わり、その方々に適したコミュニケーション手段を確立することで、楽しく会話ができるように支援していきます。

気づかれにくい症状ですので、会話の中で「何かおかしいな?」と思われましたら、かかりつけ医等にご相談ください。

季節の変わり目ですので、皆様、体調にはお気を付けてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

通所リハビリテーションセンター 言語聴覚士 松田


失語症って?

通所リハビリテーション

こんにちは、8月も後半になり、朝晩は少しずつ涼しく感じる日もでてきましたね!

失語症」という言葉はご存知でしょうか?

失語症とは、『高次脳機能障害の1種であり、主には脳出血、脳梗塞などの脳血管障害によって脳の言語機能の中枢(言語野)が損傷されることにより、獲得した言語機能(「聞く」「話す」といった音声に関わる機能、「読む」「書く」といった文字に関わる機能)が障害された状態』です。(引用 Wikipediaより)

私がご家族様や関連職種の方々に説明する時は、「外国で一人になって、コミュニケーションを取らないといけない状態」といった感じでお話しています。

その不安な状態をできるだけ改善するために、言語聴覚士は、その失語症の方に対して、「言葉を出しやすくする・聞き取ることができる」等のリハビリテーションを行っています。

そのこと以外にも、患者様(利用者様)自身やご家族様等に対して、コミュニケーションをとるコツをお伝えしています。
例えば、『文字で提示して、本人様に指差ししてもらう』や『「はい」か「いいえ」で返答できるような声掛けをする』『ジェスチャーや絵を書いてもらう』等のその方に合ったコミュニケーション手段の提案をしています。



当通所リハビリテーションでは、言語聴覚士が失語症の方に関わることで、利用者様同士やスタッフとの会話の中で、どうすれば失語症の方でもスムーズにコミュニケーションをとることができるかを考え、実施しています。
また、そのことが失語症の方が自宅や外出した時に実践してもらえるように、実生活に沿ったアプローチを行っています。

失語症についてご相談があれば、体験や見学時に対応致しますので、お気軽にお問合せください。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

言語聴覚士 松田


マット運動で寝たきり予防!

通所リハビリテーション

大阪は30度を超える日が出てきたようで、冷房や扇風機が活躍する時期がきましたね!

当通所リハには、約2.5畳の広さのマットがあり、利用者様2名とスタッフが乗っても十分な広さがあります。


マット運動の運動負荷は比較的高いですが、利用者様同士声を掛け合いながら頑張っておられ、楽しく運動されています!

マット運動を行うことで、体幹筋や背部筋のトレーニングはバランス機能の向上や円背の予防になります。

また、これらのトレーニングを早期から実施することで、転倒予防や寝たきりの予防にも繋がってきます。

実際にどんなことをしているか気になられる方はお気軽にお立ち寄りください!

梅雨時期が続きますが、体調には気を付けてください!

言語聴覚士 松田


栄養入りおやつ!

通所リハビリテーション

とうとう大阪も梅雨入りしましたね!

当通所リハセンターでは、運動にかかわる必要な栄養素が含まれているおやつを無料で提供しております!

本日ご利用の方には、カルシウム入りサブレや鉄分入りウエハースを召し上がっていただいております。
(日替わりでどら焼きややわらかおかき等の提供しています)

また、ご希望の方には飲み物にプロテインをお入れしています。


※カルシウムの効果・・骨の形成に役立ちます。
※鉄分の効果・・疲労感の軽減や貧血の予防への効果があります。
※プロテインの効果・・筋肉の合成に必要です。

しっかり運動して栄養補給を行うことで効率的に運動機能を高められるように取り組んでいます。

通所リハ体験ご利用時にも無料で提供しておりますので、ぜひお試しください!

7月からは、ゼリーやシャーベットもお出しする予定です。
また、どんなものかご報告しますね!

では、暑くなってきますので、食べ物の保管等にはお気を付けください!

言語聴覚士 松田


オーラルフレイルってご存知ですか?

通所リハビリテーション

最近、テレビや週刊誌に「誤嚥性肺炎」が取り上げられることが増えてきましたね。

その誤嚥性肺炎の原因の一つに「オーラルフレイル」が挙げられています。

オーラルフレイルというのは、「ささいな口の機能の衰え」です。

口の機能(口唇や舌等)が衰えると、発音だけでは無く、飲み込む力も衰えていきます。

その飲み込む力の低下が、誤嚥性肺炎のリスクを高めます。

当通所リハでは、その口の力が衰えないように「嚥下・口腔・発声練習」を積極的に取り組んでいます。


利用者様が自主練習できるように見て分かりやすい資料を作成しています!


「長く声を出す」では、利用者様同士が競争して頑張ってくださることもあります!

「食事中にムセる」「飲み込みにくくなった」という方だけでなく、長く安全にお食事をとっていただくために「口の機能や飲み込みの機能を予防」にも努めています。

また、「声が出にくい・呂律が回りにくい」や「飲み込みがしにくくなった」という方がおられましたら、お気軽にご相談ください。

大阪の梅雨入りはまだだそうですが、こまめに水分を取っていただき、熱中症や脱水にはお気をつけてください!

言語聴覚士 松田