訪問看護

訪問看護とは


看護師等がご自宅に訪問して、病気や心身状態に応じた看護を行うことです。健康状態の悪化防止や回復に向けてお手伝いします。
主治医の指示を受け、病院と同じような医療処置も行います。自宅で最期を迎えたいという希望に沿った看護も行います。


訪問看護の内容


  • 健康状態の観察
  • 病状悪化の防止・回復
  • 療養生活の相談とアドバイス
  • 点滴、注射などの医療処置
  • 痛みの軽減や服薬管理
  • リハビリテーション
  • 緊急時の対応
  • 主治医、ケアマネジャー、薬剤師、歯科医師等との連携

訪問看護の訪問する日時など

基本的には、患者様のケアプランに沿って訪問日時や回数が決められますが、介護保険の場合と医療保険の場合とで違いがあります。介護保険の場合は、ケアプランに沿って1回の訪問時間は、20分、30分、1時間、1時間半の4区分があります。
医療保険の場合は、通常週3回までで、1回の訪問時間は30分から1時間半程度です。ご本人やご家族のご希望をうかがって、どのくらい訪問すればよいか決めますが、病気や状態によっては、毎日伺うこともできます。