在宅医療

在宅医療とは


通院が困難な患者様のご自宅や入所施設などに医師、看護師、薬剤師、管理栄養士等が訪問し、ご自宅で診療を受けていただいて、在宅での療養生活を支援するものです。
「通院が必要だけれど通えない」「自宅で療養したいが支援がなければ難しい」などの問題を抱えている方が安心して療養できるよう、治療をお手伝いさせていただきますのでお気軽にご相談ください。


訪問診療とは


在宅医療が中心になるもので通院が困難な患者様が、ご自宅や入所施設に居ながら医療を受けることが出来る仕組みです。医師がご自宅を定期的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談、指導等をさせていただきます。


診療内容


病態に応じた治療をはじめ、健康管理、床ずれの処置などの医療処置、在宅酸素療法等、専門の医師による往診があります。

  • 診察(問診・聴診・触診など)
  • 全身状態の観察
  • 血液検査
  • 検尿
  • 検便
  • 喀痰検査
  • 褥瘡(床ずれ)の処置、創傷処置
  • 定期的な治療および健康管理・相談
  • 在宅酸素療法の管理・指導
  • 尿道カテーテルの管理
  • 医療器具の交換
  • 浣腸・摘便
  • 脳卒中(脳梗塞・くも膜下出血・脳出血)、脳腫瘍等の継続的加療
  • 認知症(アルツハイマー型・脳血管障害型)、パーキンソン病などの神経難病の加療
  • 高血圧、糖尿病など慢性疾患に対する継続的加療

 その他必要に応じた診察や医療処置を行います。
※できる限りのことをご自宅でさせていただきますが、緊急を要する場合や病状、検査内容によっては、来院していただくことがあります。

訪問診療の対象

  • 病院やクリニックへの通院が困難な方
  • 退院後の自宅での医療ケアが必要な方
  • 家で寝たきりのお年寄りの方 など

費用について

在宅医療は、病院に通院するのと同様に原則として医療保険が適用される診療ですが、年齢によって費用区分が変わったり、介護認定を受けられている方は介護保険が適用になったりしますので、詳細はお気軽にお問合せください。