各部門のご案内

リハビリテーション科

器械を使っての消炎鎮痛物理療法、姿勢、歩行、日常生活動作等の訓練を行い、身体機能の向上および回復を図ります。

理学療法

私たち理学療法士は病気やケガによって「座る・立つ・歩く」といった動作が難しくなった患者さまに対し、もう一度その動作が出来るようになる為のリハビリ等を行っています。その中で、患者さまに生き甲斐を持った生活を送って頂くためのお手伝いが出来ればと考えています。

言語聴覚療法

言語聴覚士は病気や加齢により、言語障害(「話す・聴く・読む・書く」)や嚥下障害(食事の時むせる・飲み込みにくい等)のある方に対し、リハビリを行っています。患者様がより円滑にコミュニケーションがとれるよう、また安全に食事が摂取出来るように他職種と連携しながら取り組んでおります。

3階ナースステーション

3階ナースステーションです。入院のお見舞いの受付はこちらになります。患者様がより良い入院生活を過ごせるよう、みんなで力を合わせています。

病室・レクリエーション風景

患者様が気持ち良くお過ごしいただけるよう、お誕生日会やビデオ鑑賞会等、レクリエーションを行い、職員一同笑顔で接するよう心がけています。

放射線科

マルチ・スライスCT(4列)を導入

CT検査は予約制ですが、数日以内に検査可能です。医師の判断のもとに、即日検査して結果を説明することも可能です。
当院はCT検査の実施を何ケ月もお待たせしません。

マルチ・スライスCT

CT検査が1分もかからずにできることをご存知ですか?

マルチスライス式というのは‥
広い範囲を同時に撮影できる為、従来20分から40分かかっていたCT検査が1分を要しない非常に短いものとなりました。

マルチ・スライスCT

ヘリカルスキャンとは‥
今まで30~40回近くまたはそれ以上息止めを行っていた胸部や腹部CTが、1回の息止めで検査することが可能となりました。
さらに広い範囲を検査するだけでなく一定の範囲をさらに細かく検査することができ、従来のCTで発見できなかった微小な病変を抽出することが可能となりました。
内臓脂肪を計測する特別の機能も有しております。

栄養課

当院は、医師の指示に基づいた食事を提供しております。
食べることは入院患者様にとって、生活の中の楽しみのひとつでもあります。栄養課では入院患者様に季節に応じて、様々な行事食を提供しています。

また、デイサービスと協力し、様々なイベントの食事も提供しています。

正月料理

上記の写真は、正月料理の一例です。料理から季節を感じていただけるよう、厨房スタッフ一同、心をこめて食事を提供しています。

花見弁当

写真は花見弁当の一例です。お弁当を持って、お花見に行かれます。

検査室

検体検査(血液・尿)と生理学的検査を行っています。

検体検査


自動血球計数装置

  • 尿検査
  • 便検査
  • 血液検査
    • 赤血球数・白血球数・ヘモグロビンなど
    • 生化学検査(α-GT、GOT、GPT、中性脂肪など)

生理学的検査

  • 心電図
  • 超音波(エコー)※予約制
    • 腹部エコー:肝臓、胆のうなど主に臓器を検査します。
    • 頸動脈エコー:首の血管を検査します。動脈硬化の評価の一つです(絶食の必要はありません)。